Pour un reve−最高級のクオリティー ワンランク上を目指す あなたへ
 
プール アン レイヴ−卓球を斬る></div>
					<div class=

Vol4.ショットバー「Libero」オーナー NOBU氏

2008年12月26日

プロフィール

リベロ


ショットバー Libero

 五反田で本物のカクテルが楽しめるShotBAR
気さくなオーラがお客さんのハートを癒す
そんなお店を経営する若きオーナーNOBUさん

本日は、NOBUさんに卓球を斬ってもらいました。

NOBUさんプロデュース「ヒゲな人人.」
PC版
ヒゲな人人.

モバイル版
ヒゲな人人.


========卓球を斬る=============

「卓球を変える」

NOBU それこそ、メディアに取り上げられるようなスター選手が「あいちゃん」以外にも沢山でないと駄目でしょうね

原田 強くてかっこいい、かわいい、美人だ。なんていうスター性のある選手で実力も兼ねそろえ世界で活躍みたいな

NOBU その中でやっぱりコマーシャル料がしっかり選手に還元される仕組みが必要でしょうね。それから、興行的に活動する努力は必要でしょう。
 
原田 たとえば?
 
NOBU 原田さんがお笑いに踏み込む(笑)

原田 NOプレッシャーなら、そこそこ笑いは取れますよ(笑)

NOBU でも、メディアの露出は本当に大切ですよね。「いいとも!!」に手紙を出して、最後のゲームコーナーに卓球を使ってもらうとか。

原田 何かしらのアプローチは必要でしょうね。昔、とんねるずが卓球を一時期「博士&助手」でアルフィーと対決したりしてましたよね。あれは何でなくなったんでしょうかね(泣)

NOBU 卓球の楽しさは伝わりづらいですよね。それから、ラウンドワンみたいなところで教えるとかは?

原田 いいアプローチだと思います。一般客が何しろ卓球に触れる機会のほとんどは「卓球場に行って卓球をしよう」しかない。その機会を生む手段として、「総合レジャー施設の活用」は新しいアプローチになると思います。 

NOBU それから、ラウンジ化する。原田さんがイベントするなら、このBARに台を置いても良いですよ(笑)こんなのも面白いかもしれませんね。

原田 何ですか?

NOBU ビーチ卓球!!

原田 ブラボー!昔、平塚に住んでるとき湘南ビーチクラブの企画の人と知り合ってそういう話になりました。
ボールが軽いから、それをどうやったら海風の影響なく出来るか、真剣に話したことを思い出します。
結局ボールに穴を開けて鉛を入れるとか(笑)最終的に訳がわからなくなった気がしますね(笑)

NOBU もし、そんなスポーツがあったら、夏は絶対盛り上がりますよ。男は水着の女性が卓球やってたらそれは食いつく!僕は絶対やりますよ。ビーチ卓球!

原田 それは僕も同じですよ(笑)

「遊び」という感覚で沢山の人が楽しんでくれる卓球を楽しく考えてくれました。
盛り上がるには「楽しい」という感覚を五感で味わえることが大切なのだな。と思わせてくれました。

卓球を身近にするためにはまず、「五感で楽しませる事」が大切ですね。
NOBUさん お忙しいところ本当にありがとうございました。


※NOBUさんは一度来店したお客様の顔を絶対に忘れません。
その人の顔色や体調に合わせてお酒をチョイスしてくれます。
皆さんも、一度ショットバーLiberoでおいしいお酒を飲んでみてください。




掲載日時:2008-12-26 01:32:41
この記事のURL:http://reve.takkyu.ne.jp/column.php?mode=4&id=2115